日本空手道白堊会松伏道場


2016年スリランカで組手のセミナー

2016年2月26日から4日間スリランカで組手中心のセミナーを行いましたした。
又形の指導は上級者を中心とした指導に。
内田君、大成君とともに連日7時間にも及ぶ指導になりましたが、指導する方もされる方も汗ダクになりながら
練習にとりくんでいた。また内田君、大成君が中心となり組手の指導をして。二人のスピードに皆感動していた。
若い力は素晴らしいですね!私はやはり年には勝てないなああああ. . . なんて(ヤバイ)
教える私たちは限られた日数と時間の中で少しでも多くのことを教えたいと思いハードなスケジュールでの
練習になったと思うが内田君、大成君の力をかりて無事に4日間のセミナーを終えることが出来て本当に良かったと
思っています。
スリランカのみんなが「凄くいい勉強になったし、日本人の指導者のもと楽しく練習が出来良い経験ができた」
と言っていました。(アガラワッタ)








2015年8月18日から25日まで総勢29名で白堊会大会に出場の為来日。
6名入賞です。




この動画は2011年2月に撮ったものです。



2014年(2月2日から8日)日本空手道白堊会国際交流空手セミナー&国際空手道選手権大会をスリランカで開催。
日本から白堊会会長 師範福田裕隆、白堊会理事長 師範梁嶋平、師範 瀬下良典とアガラワッタの4名が参加、インド支部からは
支部長をはじめ20名の選手が参加し、記念すべき第1回目の白堊会国際交流空手セミナーと大会を行うことが出来、このようなセミナーと大会を
日本でも開催出来れば良いなと思いました。
2月2日は空手の基本を福田師範を中心に練習し、3日は組手基本のセミナー。4日目は日本空手道白堊会インド支部とスリランカ支部で国際空手道大会。
大会の結果はインドの選手は素晴らしかったけれど、スリランカの大人も子供も圧倒的勝利を修めました。
5日は形のセミナーと「昇級」「昇段」審査会、6日から8日まではスリランカ観光をしました。